未来の社会を創る仕事に、取り組んでいきたい。

なぜ、エス・エム・エス(SMS)に?

自分が考えた3つの条件を満たしている会社。

大学時代のさまざまな経験を通じて、30歳までに「社会の課題を解決できる事業を創り、規模化させること」ができるビジネスマンになっていたいと考えるようになりました。

そのために必要だと考える個人的な要件として、「社会の課題に対して大きなインパクトを出しており、今後さらに拡大していけること」「成長市場で事業を行っており、新規事業に意欲的であること」「優秀で尊敬できる人が多いこと」という3つを満たしているSMSに入社を決めました。

HINT!

会社に入ってみて、想像どおりだったこと、想像と違ったことは?

完成しきっていない組織。まだまだ価値が生み出せる。

想像どおりだったことは、優しい人が多いことです。想像と違ったことは、入社(2013年4月)時点で、大きくて完成しきった組織だという先入観があり、仕事の内容も分業化や仕組み化されている部分が多いのではと予想していました。

実際には、完成しきって固まった組織ということはまったくありませんでした。自分の能力に応じて最大限の裁量が与えられます。主体的に周りを巻き込むことで、仕事の幅を広げたり、新しい価値を生み出せる余地が非常に大きいと感じています。

学生時代は、何をしていましたか?

学生論文やビジネスコンテストへの応募。アメリカでの現地調査も。

サッカーサークルでフォワード(FW)をやっていました。点を取ることが好きで、守備は基本的にそっちのけで(笑)。 学業では、発展途上国に対するODAに興味があり、3週間ほど図書館にこもって、「自助努力を引き出す支援」をテーマに、野村総研の学生論文コンテストに応募しました。

ほかにも、学生団体でメキシコとアメリカに行き、現地の学生とビジネスコンテストに参加したり、京都の伝統工芸品をロサンゼルスで販売するための現地調査を行っていました。

会社の周りでお気に入りの場所は?

厳かさと華やかさが同居する名刹、増上寺。

増上寺です。厳かな雰囲気がありながら、桜の季節は昼間から出店も出ていて、和やかな雰囲気です。

HINT!

机の上やカバンの中身を教えてください。

空いた時間の読書のために、常に本を何冊か。

最近のお気に入りの本『リーダーシップの旅』『ザ・プロフィット』を入れて、空いた時間に読むようにしています。

机の上はガムと、必ず大き目のノートを用意しています。物事を整理したり、企画のラフを書くために使っています。

将来の理想や夢は何ですか?

成長領域で、日本発の産業で世界をリードしたい。

30代前半で社会貢献度の高い事業を作って、大きな規模のビジネスにしたいと思っています。 そのためにも、まずは国内で価値の高い事業を成功させたあと、今後は日本以上のスピードで高齢化が進むアジア諸国で、現地に根差した事業を創りたいです。

日本で数少ない成長領域であるこの分野で、日本発の産業として世界をリードできたらと思うと、ワクワクします。

新入社員クロスインタビュー

介護事業本部 介護キャリア事業部

日埜 嘉久

Yoshihisa Hino

2013年度 新卒採用入社

介護事業本部 介護メディア企画グループ

中道 学人

Manato Nakamichi

2014年度 新卒採用入社

03-6721-2408

人材開発本部 採用グループ

このたびは、株式会社エス・エム・エスに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
みなさまにお会いできること、心より楽しみにしています。