トップメッセージ

長期的視点でさまざまな情報やサービスを数多く提供することで目指す、高齢社会の情報インフラ産業。

目指すのは「産業創造」

当社は、「高齢社会に適した情報インフラを構築することで価値を創造し、社会に貢献しつづける」をグループミッションに掲げています。

日本はすでに超高齢社会に突入し、生産人口が減少していく中で、高齢社会に関連したビジネスは日本の中でも数少ない成長可能性の高い領域として、人びとや企業の関心が高まっており、膨大な事業機会が存在しています。

このような社会背景から、グループミッションに掲げる「高齢社会の情報インフラ」が、たとえば自動車や電機のようなひとつの大きな産業になると考えています。

無限に広がりつづける事業機会

当社は、単一のビジネスモデルに依存するのではなく、高齢社会への対応に関わる方々に、長期的視点でさまざまな情報やサービスを数多く提供し、それらの方々を有機的に結びつけていくことで、「高齢社会の情報インフラ産業」を創造していきたいと考えています。

高齢社会という発展途上で、その形が大きく変わりつづける市場において、このようなアプローチで事業創造をしていくには、社員一人ひとりが変化を楽しみながら、自らの情熱と当事者意識をもって、見えないものに触れにいく、関わりにいくという強い意志が必要です。

また、産業創造のためには、安易に社会貢献、利益追求のいずれかを追い求めるのではなく、利益追求をしながら社会貢献の総量を上げていき、長期に渡って組織として成長しつづける必要があります。

高齢社会の情報インフラ産業をつくる

当社は複数の職種を設定していますが、ひとつひとつの職種が「産業創造」をなし得るために重要な役割を担っています。さらに、個々人が戦略、人材、オペレーションの各要素について何をすべきか、上位の戦略とリンクさせながら考え、実行することで、組織として成果を上げ、「高齢社会の情報インフラ産業」の創造に近づいていけると考えています。

当社の目指す「産業創造」は遠く、道半ばです。しかしその分、社員にさまざまなチャレンジの場を提供できる会社だと考えています。私たちはこのような考え方に共鳴いただける方々と共に、グループミッションの実現を目指し、「産業創造」に挑戦していきたいと考えています。

代表取締役社長
後藤 夏樹

03-6721-2408

人材開発本部 採用グループ

このたびは、株式会社エス・エム・エスに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
みなさまにお会いできること、心より楽しみにしています。